ソルフェージュについて


私たちの教室ではソルフェージュ(音楽の読み書き)をとても大事にしています。

実は、音符が読むことが障壁となりピアノを止めてしまう人はとてもたくさんいるのです。ソルフェージュ力があれば、読譜も暗譜も楽になりますし、幾つになってもどんな音楽でも楽しむことができます。

 

ソルフェージュとは、例えば「楽譜を読むこと」や「リズムの勉強」です。ピアノが始まる前にしっかり予習し、始まってからも常に勉強を続け、より複雑なものが読めるようにします。これを読譜(どくふ)といいます。

 

ただ弾くだけでは機械と同じ、情感溢れる自分だけの音楽を作るためには「歌」がとても大事です。ソルフェージュではたくさん歌をうたって歌心を育てます。これを視唱(ししょう)といいます。

 

音楽では真似が大事です。先生の真似をして弾くことが出来ると上手になれます。そのために、どんな音(高さだけでなく響きの色合いまで)が鳴っているか感じとる力をつけます。聴いてわかるだけでなく、それを確かな感覚として認識できるために、楽譜に書くこともします。これを聴音(ちょうおん)といいます。

 

私たちは、ソルフェージュは音大を目指す人たちのための特別なレッスンではなく、音楽を楽しみたいすべての人に必要な技術だと考えています。一生音楽を楽しむことができる耳をもてるように、レッスンをしていきます。