ピアノが上手になる3つのひみつ

その1、よく歌うこと。

音楽の種は「歌」です。いつでも生き生きと歌をうたいましょう。そうすると耳が鋭敏になり、歌心も芽生えます。

音楽は「歌」なしには生まれません!


その2、よく先生のお話を聞くこと。

ドイツの作曲家シューマンの言葉にこんなものがあります。

「勉強する曲を選ぶときには、いつも年長者に訊ねること。大変、時間の節約になる。」

 

上手になりたいのなら先生の言う通りにまずやってみましょう!

そのためにはまず、よくお話を聞くことです。


その3、毎日ピアノを弾くこと。

「あぁ、やっぱりそれか」という声が聞こえてきそうですが、本当のことなので仕方ないのです。ピアノを弾くことは筋肉を動かすこと、つまり運動です。縄跳びが練習しないと飛べないように、ピアノも練習が必要です。

 

簡単に手に入れたものは感動も薄いですが、苦労して手にいれたものはやり遂げた喜びと自信をくれます。

 

練習は大変ですが、効率的な練習方法などアドバイスしていきます。乗り超えた先にある喜びを感じられるように、一緒にがんばりましょう!